2019年03月31日

Greco SE500 1979年 フジゲン製 ストラトキャスタータイプ SUPEER SOUNDS

Greco SE500


20190331_171500.jpg

去年ヤフオクで購入して放置していた1本。
実は状態が結構悪かったんですが、色々拭いたり磨いたりして割と見れる見た目になりまんた。
ただ、汚れやサビが目立っていただけで、綺麗にしてあげたらフレットの減りも少ないし良い子。

20190331_171539.jpg

SE500というシールが貼ってありますね。
品番から分かりやすく、当時¥50,000円のおぎたー。
ペグがあんまり良くないんですよねこれ。

20190331_171535.jpg

シリアルナンバーは【H791063】です。
アルファベットを除いて頭二桁が年代ってことで1979年製ってことがわかります。

以前書いた『1975年のギターの定価って現代だといくら?』から現代価値に換算して約¥70,000円くらいですね。
79年くらいになると、現代とそこまで大きく物価指数も変わらないみたい。

ちなみにグレコにもマツモク製が勿論あって、ネックプレートに「MATSUMOKU」って書いてあるのがマツモク製。書いていないのがフジゲン製です。

20190331_171509.jpg

SUPER SOUNDSってネーミングで、よくよく考えるとすげぇ安直なネーミング。

だってさ、直訳したらさ


超音!


超!!!音!!!()


ってことですよ・・・どういうこと・・・

クリリンのことで怒ったんですかね?(はなほじ

ちなみにストラトタイプがSUPER SOUNDS()に対し、テレキャスはSPACEY SOUNDSって名前です。

ボディ前面
20190331_171514.jpg

ボディ背面
20190331_171531.jpg
これピックアップセレクターがなんと3WAYなんですよね。
フロント+センターとかセンター+リアとか出来ない仕様。
なんだよ不便じゃねえかって思いがちですけど、実はストラトキャスターがFender社から発売された1950年代はむしろそれが当たり前だったんですよね。

んで、上の画像のヘッドを見てもらうと分かるとおり、ヘッドからトラスロッドは回せない仕様なんですよね。
この仕様も1950年代のFender社のストラトと同じ仕様。

ってことから、このギターは勿論コピー品なわけでして、元にしたのが1950年代のストラトだったんでしょうね。
ネックがワンピースメイプルネックのDシェイプなので、モチーフは1959年かな??

ただし、ヘッドはラージヘッドという、いわゆる70年代仕様。
コピーしきれてへんなぁ、で片付けても良いのですが、これには深い深い海よりは深くない事情がある模様。

当時マツモクから78年に独立した、原山さんという名工がおりました(ご存命)

簡単に言うとマツモクにせよフジゲンにせよ、1ピースネックは原山ギターに発注してたんですよね。

その当時の納品形態が、一度マツモクに卸したのちマツモクからフジゲンに卸す形だったようです。

で、当時マツモクが担当していたAria pro2においては1970年代コピーを作っていた関係で、原山さんからマツモクへの納品がラージヘッドのネックになるのはそりゃ当然。

だから、必然的にマツモクのネック卸し先のフジゲンのギターもラージヘッドになったと想像してますがどうでしょう?

以下SE500についてカタログ情報

spec

Body
セン単板ボディ
ボリューム・コントロール×1
トーン・コントロール×2
3段階切り替えスイッチ
PU-100Wピックアップ×3
トレモロユニット付き

Neck
メイプル1ピースネック(ローズ指板もあり)
ディタッチャブルネック
ドット・ポジションマーク
MH803糸巻
SE500T、SE500N、SE500W、SE500B


ちなみにT:サンバースト、N:ナット、W:ホワイト、B:ブラックです。
なので僕のギターは正確にはSE500Tってことになりますね。

ボディがセンとなっております。
センについて詳しく書いてある記事があるので良かったらご参照ください。
ジャパンビンテージの木材について

このギターなんと重量が4.1kgがあり重いです。
このSE500は重さから鬼栓と考えられます。

以上SE500の紹介でした。
ニッチなあなたの参考になればこれ幸い。

これからゴリゴリ改造していこうと思います。
posted by mugeek at 20:01 | Comment(0) | ジャパンビンテージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月14日

Gibson / Fenderのメーカー推奨弦高

以前、最適な弦高について、という記事を書いたんですが

実際問題、作った奴が推奨してるのが一つの答えなわけで

ひとまず、出された料理を味変しないで食べてみよう

おいおい、その牛丼は紅しょうが丼になってねぇか?

まったくけしからんな

シェフの気持ちを分かってないよ



僕は牛肉が隠れるほどの七味丼が好きです。


ギブソン社 推奨の弦高



ギブソン社推奨って言っても、言わずもがなレスポールのことですよね。

現行で販売されているレスポールの推奨弦高は

1弦 12F 1.2mm
6弦 12F 2.0mm
※010-046 ライトゲージ時


こちらの値が推奨となっております。

但し、現行のギブソンレスポールのR(アール)の値は405Rとなっており、上記の弦高で問題ないのですが、ヴィンテージのレスポールは
305Rとなっているため、1弦は高くした方がいいでしょう。

ちなみに、山野楽器が輸入代理店だった時代の推奨弦高は

1弦 12F 1.5〜1.7mm
6弦 12F 2.0〜2.2mm


と、されていたため305Rのレスポールをお使いの方はこちらを参考にするといいと思います。

※アール(R)の値
現行レスポール : 405R
ヴィンテージレスポール : 305R



フェンダー社 推奨の弦高


こちらもフェンダーと言いつつストラトメインの話ですが、テレキャスやジャズマス等にも通じる話ですのでご参照をば

1弦〜6弦それぞれ
17F 4/64"(1.58mm)
※010-046 ライトゲージ時


こちらがフェンダー推奨の弦高となっております。

ただし、現行のストラトは指板のアールが254Rで、上記はその値ですが、ヴィンテージのストラトは184Rと相当にアールがきついです。

当時のメーカー推奨が約1.8mmとかだった気がします。

そうなるとギブソンもフェンダーも、ヴィンテージものの弦高が1弦2.0mm・6弦2.5mmでセッティングされるのもうなづけますね。

※アール(R)の値
現行ストラトキャスター : 254R
ヴィンテージストラトキャスター : 184R


まとめ


上記がメーカーが推奨してるセッティングなわけですが

当然、アールや弦のゲージ、チューニングによって変わるのでね

その辺の兼ね合いによって、更に突き詰めていくと良き



一応参考までに

アールが大きければ大きいほど、チョーキングで音詰まりが無くなるので弦高は下げられます

弦のゲージが太ければ張力が増すので、弦高は上がりますし
逆にゲージが細ければ弦高は下げられます

チューニングも半音下げにすると、張力が弱まるのでやっぱり弦高が下げられますね

そんなわけで、速弾き系のギタリストは09-42のゲージを使ったり、半音下げにしたりしますね。

例えばイングウェイは008-011-014-022-032-046という5,6弦のみレギュラーで、1〜4弦が細い上に半音下げだったりします。



メーカー推奨を目安に、自分のプレイスタイルの上調整していくといいかもしれません。

では、良い弦高ライフを

posted by mugeek at 06:00 | Comment(0) | メンテナンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月11日

AriaProU LS600 1977年 マツモク製 レスポールタイプ

アリアプロU LS600


先日購入した、Aria ProUの77年製レスポールのご紹介。
以前書いたマツモク工業という記事にてAria ProUについて触れてますので良かったらご覧ください。
というわけで言わずもがな、マツモク製のこいつ

20180622_112144.jpg

外観はとても良く出来たコピーモデルだと思います。
Gibson社と比べると、ややボディが小ぶりなような気もします。
総重量はほぼ4kg
ちなみにGibson社が推奨しているレスポールの重さも4kgです。
カタログによるとトラモクのメープルトップ&マホガニーバックらしいです。

20180622_112214.jpg

いわゆるパンケーキ構造のボディ
Gibson社は木材が手に入らず70年代苦肉の策で選んだ製造方法なのに、それをそのまま真似しちゃうところがジャパンビンテージ
ちなみにカタログではパンケーキ構造をラミネートボディと表現してて、なんかかっこよく言ってる。

20180622_112156.jpg

そしてヘッド
77年製ですので、本来Les Paulと書かれている部分に何も書いてませんが、のちにAria ProUではLeo Pardという文字が入りレオパードシリーズなるものもあります。

20180622_112208.jpg

ヘッド裏で、80年からはここにシリアルが入って年号を把握できるのですが、77年のものには入ってません。

さて、ではなぜ77年とわかるのかですが

20180622_112149.jpg

このピックアップを見てください。
ディマジオのようなポールピースのこいつ
Aria ProUで開発されたEXTRAシリーズのEXTRA-1というピックアップなのです。
また78年、79年のEXTRA-1はポールピースが一般的な芯のやつで、ディマジオの模倣してるEXTRA-1は77年だけ。

この頃Aria ProUでは同じ見た目のディマジオ SUPERUというやつを上位機種に付けてました。
ワンチャンSUPERUだったらLS600じゃなくてLS700だなぁと思いながらピックアップを見てみましたが

20180622_114823.jpg

残念、ディマジオではありませんでした。
というわけでやはり77年のLS600

ところで、ピックアップを取り外しますと、ネックジョイントに注目

20180622_114757.jpg

これはマツモクお手製の、セットネック+ネジ留めのディープジョイント。

ディープジョイントは賛否両論あって、ヒスコレくらいでしか最近では見かけないですね。
Gibson社はサスティンや剛性アップがディープジョイントで生まれると言っていますが、個人的には剛性アップは認めるけどもサスティンはピンとこないですね。

そして、このビス留めはおそらく更なる剛性・耐久性を加味してのこれでもか!というマツモクのオリジナル技だと思いますが、完全なコピーを求める方にはマイナスかもしれませんね。

ただ、世界的にのちに有名になるAria ProUのPEシリーズもこのジョイント方法であることを忘れてはならない。
ほんと丈夫なので、実は理に適っていて、拘らなければメリットも大きいと感じでいます。

体感ではネックの鳴りがボディに振動してないなと感じてしまいますがね。。。

さて、最後に回路部分

20180622_115202.jpg

Aria ProUのカタログにおいて、P.C.ボードと呼ばれるオリジナル回路(サーキット)

そのままカタログの宣伝文句を引用すると
PROUだけのP.C.ボード
V.T.回路は、P.C.ボードでワイヤリングされ、シールド効果は確実になり、ショート・断線などのアクシデントを排除した安全設計で、PROU独自の技術です。
とのことですが、なんのこっちゃ

シールド効果ってのはノイズ出ない対策ってことですね。
つまり、ノイズもショートも断線もないぞってことでしょう。

でも、結局このオリジナル回路()笑はのちに使われなくなっちゃうので、つまりはそういうことでしょう。

実際に上記のようなメリットが見込めたとしても、一部壊れたら全とっかえする必要があるし、オリジナル回路なんてものは聞こえはいいけどリペアマンがお手上げの場合があるのでね、なんなら今壊れたらAria ProUの工場にも在庫がないでしょう。

そういう意味でもこの回路に理点を見いだせないですね。

ただ、ネックジョイントの方法といい、回路の設計といい、より現場向きにマツモクが開発を頑張ったんだなって歴史を感じれて嬉しいですね。
長いツアーに出る際の耐久性を考えて作ったんだなと思います。

というわけで、これからこいつをどんどん改造していこうと思ってます。
状態も良いのでいじっちゃうのは勿体ない気もするんですけどね。

改造したらまたアップします。
posted by mugeek at 06:00 | Comment(2) | ジャパンビンテージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク