2019年09月12日

YAMAHA FG-122 1976年 オレンジラベル

FGシリーズ


ヤマハのFGシリーズは1966年に誕生した、国産第一号のフォークギター。
まず最初に、FG-180とF-150の2機種でスタートしました。

MartinのD-28の形であるドレッドノートを、ヤマハはそれをジャンボと呼び
またクラプトンの使用で有名なMartin 000-42の形であるトリプルオーを、ヤマハはフォークと呼んでいました。

FG-180がジャンボタイプ、FG-150がフォークタイプとして分類されてました。
※のちの正確な表記は、FG-180JやFG-150Fになります。

当時の所謂、ジャパンビンテージと呼ばれるFGシリーズはマニアには昔から人気なんすよね。
それこそジャパンビンテージっていう名前が出てくる前から人気。
そういった意味じゃ、時代に流されず評価されていることでその質が分かると思います。

勿論、物によるんですけど凄い鳴るんですよね。

有名なのはやっぱFG-180で、ゆずの岩沢さんが使っていたことで有名ですね。
デビュー当時の音源なんかではバリバリ使ってたみたいなんで、気になる方は音源をどうぞ。

んで、時は進み1970年代のアコースティック市場ってジャンボとフォークだと、フォークの方を安くするのが主流だったんすよね。
しかーし、ヤマハさんこのFG-122を出す頃には同価格で2タイプを出してました。
そこで、値段を変えない代わりに廉価版を出しました。

それが、このFG-122

※廉価版はフォークのみ

YAMAHA FG-122 オレンジラベル


20190912_130308.jpg

このギターは斉藤和義さんが使用していたことで、当時のヤマハの廉価版ギターなのにも関わらず再評価され貴重な一本となってます。

販売期間は1975年〜1978年のギター。
(※1975年に製造はされてても、発売は1976年からなはず・・・)
シリアルは「60802」で、サウンドホールのネックエンドらへんに書いてます。

1973年から1984年のシリアルは5桁シリアルで
頭文字が西暦+日付で読みます。
ってことで、このギターは1976年8月2日に製造されたギターですね。

斉藤和義さんのFG-122のシリアルナンバーは「60725」だそうで、1976年7月25日生まれの子ですね。
お、僕のと1週間くらいしか変わらない!

ヘッド表
20190912_125944.jpg

ヘッド裏
20190912_130046.jpg
FG-152以上からはロトマチックなのに対し、FG-122はオープンタイプのペグで、ここでコストカットしてるのが分かります。

バック
20190912_130143.jpg

この裏側の木材も、サイドもトップもFG-152と同じ木材なんですよね。
トップにいたってはFG-402まで使われている木材。

ここでこのギターの詳細スペックを見ていただくと
specボディ:フォーク
スケール:636mm
トップ:エゾ松合板
サイド・バック:アフリカン・マホガニー合板
ネック:ナトー
フィンガーボード:プヒンガ
ブリッジ:プヒンガ
木材で唯一違うのが指板とブリッジのプヒンガ。
あちらはパリサンドルって木材を使ってます。

こことペグで¥3,000円分のコストカットしているんですね。
しかし言うてそこだけなので、値段にしては異常なほど高品質。

ラベルの話

20190912_143758.jpg

ヤマハのアコギのみんな大好きラベル。
このギターはオレンジラベル。

1976年のヤマハのラインナップは、新たに6価格帯のギターを発売。
全てオレンジラベル。

ちょっとした転換期で、ジャンボという名称をやめてウエスタンと呼ぶようになりました。
FG-150JやFG-150Fなどの末尾で使われていたアルファベットも廃止し、末尾の数字「1」がウエスタン、「2」がフォークを表すようになる。

FG-151/152,201/202,251/252,301/302,351/352,401/402
となり、¥15,000円から¥5,000円刻みで計12機種が発売されました。

なので、FG-122の定価は¥12,200円・・・と思いきや、¥12,000円なんすよね。

20190912_130033.jpg

廉価版で¥12,000円の価格帯のフォークタイプであるからFG-122。

なお、冒頭でも書きましたが、ウエスタンのFG-151とフォークのFG-152でボディシェイプが違うもので値段が変わらない。
本来であれば市場においてフォークタイプの方が安く販売されるが、ヤマハは同価格2機種での販売戦略だったので、ならいっそのこと新しく安いフォークギターを出しちゃおうってことで生まれたのが、¥12,000円価格帯の廉価版。

ちなみに¥12,000円価格帯でFG-120というものがあるが、それもFG-120Fというフォークタイプ。
FG-120Fは名前から分かるとおり、1976年の転換前の機種で黒ラベル。
黒ラベルってことで1975年のものになります。

ちなみにFG-120Fのスペックは
specトップ:スプルース
サイド・バック:アガチス
ネック:ナトー
らしく、FG-122とは別物であることが分かります。

最後に

古いFGシリーズは状態が良ければ恐ろしいほど鳴ります。

なんか胡散臭いしダサいから嫌なんだけど、いわゆる爆鳴りってやつです。

さらにこのFG-122は、1976年から2019年という発売から43年経っているにも関わらずネックがピンピンしています。
この記事書くにあたり、ちょっとロッドとか回したんですが、今弦高が6弦2mm・1弦1.8mmで低めの調整が可能となっています。

普通43年経ったら、余裕で弦高3mmとかいきますよ。

そういった意味でもめちゃくちゃ弾きやすくておすすめです。

どっかで触れる機会があったらぜひぜひ。


posted by mugeek at 18:33 | Comment(0) | ジャパンビンテージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

スポンサードリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。