2018年09月24日

1975年 Greco TE-350 Telecaster 改 マツモク製 SPACEY SOUNDS

Greco TE-350


今回は自分の私物をさらしたいと思います。
意外と当時の楽器って情報ソースの絶対数が少ないなぁって思うので備忘録として。
オリジナルからだいぶ改造しちゃったんで、情報としてはあまり参考にはならないかもしれないですが良かったらご参照ください。

20180715_141518.jpg

TE-350ってことで当時の楽器は値段がまんま品番ですよね。
これは当時定価¥35,000円の品。

20180715_141524.jpg

ヘッドには「SPACEY SOUNDS」の文字。

20180715_141600.jpg

ネックプレートにはMATUMOKUと書いてありますね。
マツモクについて詳しく知りたい方は以前書いたこちらの記事を良かったらどうぞ。

この時代のマツモクのシリアルは、アルファベットの次の二桁が年号となっています。
このギターのシリアルは『K750171』
ってことで、1975年製らしいです。

75年だとすると、以前書いた『1975年のギターの定価って現代だといくら?』から現代価値に換算して約¥63,700円と算定出来ます。

1975年のカタログに記載されている情報によりますと

spec

・ピックアップ:ワイドレンジマイク
・ボディ:カバ
・ネック:メイプル
・指板:メイプル


と記載されてました。

ギターのボディでカバって言うと非常に珍しいのですが、今の時代で言うとバーチ材ってやつですね。
主にドラムやカホンなんかで使用されている木材で、ギターでは珍しい。

Gibsonの2013年に発売されたLes Paul Zoot Suiticonというモデルなんかはバーチ材らしいです。


………


とは言え、ここまで書いておいてなんですが
カタログの記載を真に受けていいかどうかも怪しいんですよね。

この時代のカタログは、信ぴょう性が薄いです。

しかも75年製は75年製(製造)で間違いないんですけど、75年のカタログにSPACEY SOUNDSってヘッドに書いてないんですよね。


ということで、この時代のGrecoはピックアップにもシリアルがあるので、それを見てみようと思う。
ピックアップは製造月まで分かりやすいのです。

幸いピックアップは交換済みで元のピックアップ取り外し済み。
そのシリアルがこちら

20180427_213144.jpg

シリアルナンバー『15X11』となっております。
一桁目が管理番号というやつで【1】または【2】しかないらしいです。
この管理番号については謎。
モデルが高かったりマツモクじゃなくてフジゲンだったりで分かれてるという説もありますが不明。
分かる方教えて下さい(^_^;)

さて、一桁目を除き二桁目以降の4桁で製造年月を確認できます。


シリアル見方:管理番号
:ここの5は1975年の5
:ここは月を示します。Xは特殊で11月を示します。
(1月から10月までは1~0で記載されますが【11月=X】【12月=・】と特殊)
11:最後の二桁は日付。ここでは11日


ということで、1975年11月11日に製造されたものであることがわかります。

丁度1976年からSPACEY SOUNDSというシリーズが始まっていることはカタログから確認出来ているのですが、このギターは1976年に店頭に並んでもおかしくない製造日付ですよね。

この時代のは作られてるものの統一性がないのでその辺があやふやですね。。。

一応1976年のカタログを見たらピックガードがそっくりなんですよね。
おそらくは1975年製造で1976年発売説が濃厚な気がします。

ちなみに1976年のカタログだとボディが「ホワイトアッシュ」って書いてあるんですよね。
ホワイトアッシュということはこの時代においてセン。アッシュを謳うセンなので、鬼センですね。
(この時代のアッシュという記載がなぜセンなのかはこちら)

同じく75年製使っている方の参考になればと思います。

ところで、このピックアップ見てください。
20180427_213253.jpg

ピックアップ小さいの分かります?
75年じゃまだまだコピーとしての精度が甘かったことが感じられますね。

それにフロントピックアップがネックから遠いんですよ。

20180715_141534.jpg

フェンダー社のテレキャスはもっとネックにピックアップが近いです。

当時カタログの写真から模倣してたそうなのでね、弦が裏通しでもなかったんですよ。

ということでリペアショップで穴開けてもらいました。

20180715_141553.jpg

改造したところ

ここからは、ほぼ自分のメモ

ピックアップとブリッジを変えました。

20180715_141537.jpg


◆ブリッジ
・GOTOH GTC-201

◆ピックアップ
・フロント:Fender TwistedTele
・リア:Seymour Duncan STL-1


◆回路
・Sonic プリミティヴ・サーキットfor TEL style インチサイズPC-T01


※ブリッジを変えて気付いたのが、ネックポケットにネックを深く埋め込んで作られたものみたいで、ブリッジプレートの厚みのせいで弦高が高くなっちゃうんですよね。
その為、シムを挟んで弦高を下げてます。


※あと穴開けた際につけてもらったブッシュ
・Fender VINTAGE-STYLE TELECASTER STRING FERRULES

リペア工賃も含めて6万くらいは手を加えた形になっております。
おかげで凄い良い仕上がりになった気がします。

飽きたら3万くらいで放出します。←


posted by mugeek at 12:00 | Comment(0) | ジャパンビンテージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

スポンサードリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。