2021年05月06日

トランスとスイッチングで音質差があるってマ?

スイッチング電源ははたして悪か?


ACアダプターは沼。

まずはこちらをご覧下さい。



結構昔から有名な話ですが、RME FIREFACEの電源アダプターをYAMAHA PA-6に変えると音質向上するんすよね。

ご多分に漏れず、ネットの情報に踊らされる民の私も、PA-6ではないですが、前行機のPA-5に交換した勢。

不思議なもんで、確かに音が元気になるんすよね。

やっぱりオーディオにはスイッチング式じゃなくてトランス式だぜ!!!

と、思いきや、はたして造りの問題だけなのだろうか?

とりあえず今回はRMEのインターフェースを元に、そこんところの考察をまとめたい。

RME FIREFACEのACアダプター


槍玉にあげてるFIREFACEですが、正確には自分が使ってる機種はFIRFACE UCってやつです。

んで、RME製品はこれが2台目でして、その前はFIREFACE 400ってやつを使ってました。

同タイプだと進化版はFIREFACE UCXってやつですね。

それぞれ、付属してきたACアダプターが違いまして

20210508_203014.jpg

左がFIREFACE400、右がFIREFACE UCの純正アダプター。

UCXもUCと同じ。
シンタックス公式で専用アダプターがNTCBという品名で約1万円で販売してるやつ。

とまぁ、これだけ見ても同じ付属スイッチング電源といえど、年々グレードアップしてるんすよね。
(余談ですが、400のアダプターは最終的に本体をショートさせた曲者)

こうなってくると、昔の価値観でスイッチング電源を語るのはちと早計かなと。

メーカーも指咥えてるだけじゃなかろう。

実際エフェクター用のアダプターでも、近年リリースされたCAJのアダプターなんかはスイッチング電源だけど、ファズでも全然ノイズが増幅されない。

逆に昔買ったVISUAL SOUNDのアダプターはノイズ酷いんよな。

電圧の問題じゃね?


そこで思うわけ。

電圧の問題じゃね???

って。

これ、あんまり言及されてないんだけど、YAMAHA PA-6によるFIREFACEの音質向上は過電圧の影響じゃなかろうかと。

というのも、以前個人輸入したLexiconのインターフェースを使っていた時に、アダプターが日本の規格に合わないからアップトランスで昇圧して無理やり使ってたんす。

その時に感じたのが、機器への入力電圧を上げると、めちゃくちゃ音がでかくなる上に、細かい音まで前に出てきて見えやすくなるんすよね。

いわゆるヘッドルームの余裕ってところなんだろうけど、日本の電圧でボリュームツマミをMAXにしたときの音量が、ヨーロッパ電圧だと目盛6とか7で出るような感じ。

あ〜、だからロスでわざわざレコーディングするんだなぁとその時気付いた次第。
(実際は気候が乾燥してて音の伝播率が高いってのもある模様)

エフェクターでも電池のが音良いとか言うけど、あれ9Vじゃなくて約9.6Vで若干高いんよな。

電圧を少し多めに流してやると、音が元気になる。

あれ?

ここで冒頭の動画を見て欲しい。

まさに元気になるってこんな感じ。

こうしちゃおれん、テスターで電圧測ろ。

実測


FIREFACE 400用アダプター

20210508_203034.jpg

Ktec KSAFE1200200T1M2
OUTPUT:12V 2.0A

20210508_203652.jpg

測定された電圧は12.3V。
そんなに大きくないし、線も細め。
非常に貧弱なアダプターでした。

こいつが原因が知りませんが、FIREFACE 400は電源ショートを起こし壊れました。

FIREFACE UC用アダプター

20210508_203046.jpg

株式会社シンタックスジャパン STD-12020T
OUTPUT:12V 2.0A

20210508_203724.jpg

電圧は12.1V。
シンタックスが開発製造しているACアダプター。

NTCBという型で¥9,900円で販売しております。

ホームページによると
高性能ユニバーサルスイッチング電源
特別に設計された高性能スイッチング電源によって、 Fireface UCは、100V 〜 240V ACの電圧範囲で動作します。

最新のライン・フィルタを装備することで、電圧の変動によるトラブルを完全に防止します。

専用に設計されただけあって、特にトラブルも起きたことがありません。

説明文に書いてあるラインフィルタで突然の電圧変動を抑えているということで、400用のアダプターはその辺の質が低かったんすかね。

YAMAHA PA-5(PA-6)

20210508_203202.jpg

YAMAHA PA-5
OUTPUT:12V 2.0A

2009年1月頃にPA-6が後継機として発売される前のモデル。
見た目や仕様は全く一緒。

20210508_203501.jpg

電圧は15.6V。

え?12Vじゃないの?!と驚くことなかれ。
トランス式の非安定化ACアダプターは、電流が流れて負荷により電圧が下がる仕組み。
2A流れた時に12Vになるのです。

ただし、公式の仕様によると
・電源:外部電源アダプタ
・平均消費電力: 13 ワット
・12ボルト動作電圧での電流:910 mA (11ワット)
・寸法(ラック耳含)(WxHxD):265 x 44 x 165 mm (10.5” x 1.73” x 6.5”)
・寸法(ラック耳無)(WxHxD):218 x 44 x 155 mm (17.2” x 1.73” x 6.1”)
・重量: 1.5 kg ( 3.3 lbs)
・動作温度:摂氏 +5°〜 +50°
・相対湿度:< 75%、結露なきこと
・付属電源アダプタ:内部スイッチPSU、100 - 240 V AC、2 A、24 ワット

と書いており、910mAのみならず、平均消費電力の13Wから逆算しても、せいぜい平均1.1A程度の電流。

つまり、実際は12Vまで下がるわけではなく、若干高めの電圧がインターフェースに流れていることになります。

だからこそ、FIREFACEの音質向上の要因、一番は電圧じゃねえか??と思うわけ。

高い電圧を与えたときに音のハリは良くなるし音は元気になるので、スイッチング式よりトランス式の方が高音質とか、造りの違いだけの影響なんてことはないはず。

電源による音質の違いというのは確かに存在するんだけど、

トランス電源最強!!♬(ノ゜∇゜)ノ♩
トランス電源最強!!♬(ノ゜∇゜)ノ♩

と唱えるならば、等条件に揃えた上でせめて語ってもらいたいなぁと思う今日この頃。
posted by mugeek at 11:53 | Comment(0) | ACアダプター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月02日

色々な9Vアダプター(センターマイナス)をテスターで測ってみた。その1

9Vアダプター


各社、音楽メーカーに限らず山ほど世の中にはACアダプターが溢れてますな。

そんでもって、古い物から新しい物まで値段がピンキリで取引されてる。

例えばBOSSなんかだとACA-100っていう古いアダプターが高価で未だに取引されてるんすよね。

っていうのも、昔はACアダプター側で電圧を安定化出来なかったので、エフェクター側で9Vに安定化させてた時代があって、そうすると9Vって記載さてるのより実際は大きい電圧を流すACアダプターがあるわけです。
それがACA-100みたいなアダプターだったりして、古いBOSSコンに使う為に貴重品だったりします。

とはいえ、楽器メーカーに限らず様々なアダプターがあるので、出力やアダプターの種類さえ適合していれば代用出来るじゃん!
わざわざ純正品にこだわる必要ないんじゃね?!

ってことで色んなアダプターの電圧を測定して、リスト化したくなったのでまとめます。

実測


使用テスターはこいつ。

20210504_171225.jpg

みんな大好き「DT-830B」
安物ですが必要十分な代物。

元のリードが貧弱ですぐ壊れた為、TOSNEOってメーカーのリード線にしてます。

CAJ PB05DC9-2.1

20210504_171040.jpg

OUTPUT : DC9V 500mA

エフェクター用の一般的な9Vアダプター。
物としても軽く、アダプターの種類はスイッチング式。

20210504_171829.jpg

テスターはほぼぴったり9V(9.05V)を指し続けます。

HITACHI HAC-BP10

20210504_171943.jpg

OUTPUT : DC9V 2A

なんのアダプターなのかは分かりませんヽ(゜ロ。)ノ
アダプターの種類はトランス式。
ケーブルにのノイズ対策としてフェライトコアが付いている優れもの。

20210504_172058.jpg

テスターでは9.88Vを指しています。
その為、安定化のトランス式ACアダプターです。

トランス式ですので、電流を流すことで負荷がかかり電圧が下がりますが、安定化により大きな影響を受けず、せいぜい0.3A程度しか下がりません。

余談ですが、トランス式の方が個人的に音が好きで、さらにこれは安定化の上フェライトコア付きでノイズに強くこのアダプターがとても好き。

Roland ACA-100T

20210504_172240.jpg

OUTPUT : DC9V 150mA

BOSS ACA-100、ACA-100Gのあとに出た最後のACA-100シリーズ。
小さいですがトランス式ACアダプター。

20210504_172315.jpg

テスターでは12.8Vを指しています。
いわゆる、非安定化のトランス式ACアダプターです。

BOSSコンの電流は最小でCS-2やOC-2の4mA、最大でもSP-1の23mAです。
つまり使用時には、せいぜい1V程度しか下がらないことが想定され、11V後半がエフェクターが流れます。
※メモ
BF-2 : 15mA
CE-2 : 9mA
CE-2B : 10mA
CE-3 : 18mA
CS-2 : 4mA
CS-3 : 11mA
DF-2 : 10mA
DM-2 : 11mA
DS-1 : 10mA
FT-2 : 16mA
GE-7 : 10mA
GE-7B : 16mA
HF-2 : 18mA
HM-2 : 10mA
LM-2 : 12mA
NF-2 : 20mA
OC-2 : 4mA
OD-1 : 4.5mA
OD-2 : 10mA
PH-1 : 7mA
PH-2 : 16mA
SD-1 : 10mA
SG-1 : 7mA
SP-1 : 23mA
TW-1 : 6mA
VB-2 : 14mA

SONY AC-940

20210504_172411.jpg

OUTPUT : DC9V 600mA

SONYのCDプレーヤー用のアダプター。
600mA対応ですので、そこそこ大きいトランス式です。

20210504_172502.jpg

テスターでは12.58Vを指しており、非安定化。
無負荷時の電圧はACA-100に似通っており、所有しているOD-2に使用したところ、当然ランプもしっかり光り、動作も良好です。

ZOOM AD-0006A

20210504_173115.jpg

OUTPUT : DC9V 300mA

ZOOMのマルチエフェクター用の古いACアダプターです。
コンパクトエフェクターに使用すると、ブーーーンとハムノイズが出ることで有名。

っていうのも、ACA-100と同じくアダプター本体に平滑回路がなく、オシロで見るとリップルという波うちが確認出来ます。
そのため、マルチエフェクターに平滑回路を持たせた設計となっています。

20210504_173250.jpg

テスターでは14.72Vを指しており、非安定化。

●対応機種:1010,1201,1202,1204,2020,3030,4040,500シリーズ,3000,3000B,2100,234,ST224,RT-123,GFX707,BFX708,RFX300,GM-200,500-IIシリーズ,RT323,TM01,PD01,UF01,HL01,606,607,MRS-4,MRT-3,707-II,708-II,PS-02

PSE-0015/0010 HKSD-120247

20210504_172610.jpg

OUTPUT : DC9V 300mA

MODEL NO : PSE-0015/0010
PART NO : HKSD-120247

なんのアダプターかは不明。

20210504_172738.jpg

テスターでは14.53Vを指しており、勿論非安定化。
非常にZOOMのAD-0006Aに似通っており、代わりとして扱えると思います。

こういう謎のACアダプターはめちゃくちゃ安く買えるので、代替品をお探しの方にお勧め。

まとめ

種類電圧(V)
CAJ PB05DC9-2.1スイッチング式9.05
HITACHI HAC-BP10安定化トランス式9.88
Roland ACA-100T非安定化トランス式12.8
SONY AC-940非安定化トランス式12.58
ZOOM AD-0006A非安定化トランス式14.72
PSE-0015/0010 HKSD-120247非安定化トランス式14.53

今日はここまで。
シリーズ化の予定。
また測定したのち、リスト更新します。

したらな。
posted by mugeek at 23:15 | Comment(0) | ACアダプター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月28日

MDR-CD900STのイヤーパッドをYAXI STPAD-DX-LRへの交換した話と交換方法

10年使ったSONY MDR-CD900ST


ド定番アイテムみんな大好きMDR-CD900ST
もう10年近く使ってるんですが、ここ数年ボロボロなまま使ってたんすよね。

そんな私のボロボロイヤーパッドはこちら
20200918_221047.jpg

20200918_221033.jpg

このみてくれを見てくれ。

ヤバいじゃろ

何がヤバいって音漏れがヤバい。

変えよう変えようと思ってたもののずっと変えてなくて早幾年。

今回意を決して重い腰を上げた次第。

YAXI STPAD-DX-LR


今回選んだのはこいつ

20200918_220740.jpg
YAXI STPAD-DX-LR

純正のが良いとか、ヤクシーは音の傾向が変わるとか、ハイが落ちてローが足されるとか色んな話がありますが、そんなことは知ったこっちゃない。

なぜって??

だってかっこいいじゃん。
青と赤の分かりやすいラインが美しい。

ちなみに交換の際は、写真のウレタンリングの同時購入もお忘れずに。
今回実はミスってて、ウレタンリング1つ買ったらペアで入ってるのかと勝手に思ってたらそうではなく、両耳交換の際は2つ購入しないといけません。
ご注意をば。

ウレタンリングはSONYの「2-113-149-01/02」ってやつです。

ポイント考慮するならイヤーパッドもウレタンリングもヨドバシが最安です(たぶん

ってことで早速交換


イヤーパッド取り外し

この作業はなんてことなくて、なんならボロボロ過ぎてしょっちゅう外れてたんで、軽く引っ張れば取れちゃうレベルだったんすけど
20200918_221131.jpg

正しくはこんな感じでハマってる部分をツルッと抜いてやれば一瞬で外れます。

これを両サイドで行います。

古いウレタンリング除去

イヤーパッドを外すと、ヘッドフォンユニットを固定しているバッフルが顕になるわけです。
20200918_221206.jpg

バッフルってのはこの黒と白のプレートの部分。

この中央の銀色のヘッドフォンユニットの周りでボロボロになっているのが、ウレタンリングです。

横から見るとこんな感じ。

20200918_221210.jpg

いや〜ぺったんこですねぇ。

この状態だとユニットと耳がゼロ距離なので耳に優しくなけりゃ音の傾向も変わっちゃうんすよね。

ってことでウレタンリングを剥がします。

端をカリカリやってるとペリッといけます。

20200918_221511.jpg

もうただこれだけ。

ウレタンリング接着

さて、交換されるイヤーパッドもウレタンリングもゴミ箱へポイしたのであとは変えるだけ。

左手は添えるだけ。
20200918_221939.jpg

これがウレタンリングの外装。

ちなみに片耳分しか買ってなかったので、写真撮ったあとにもう1パック購入しました。

パッケージにはMDR-7506と書いてありますが、どちらもこのウレタンリングが純正なのでご心配なく。

20200918_222117.jpg

さて、取り出しますとこんな2層形状の円形スポンジが出てきます。

間違えて接着前に中央の円スポンジをくり抜くことなかれ。

20200918_222127.jpg

裏面は両面テープになってます。

20200918_222145.jpg

この両面テープを剥がして、見えているドライバーユニットがきれいに隠れるように、先程剥がした古いウレタンリングの接地面に貼っていくわけです。

20200918_222208.jpg

貼った状態がこちら。

よし、完成!

ではなく、真ん中を摘んでくり抜きます。

20200918_222243.jpg

外周はバッフルに貼り付いているので、貼り付いてない中央部分は思いの外ペリッと剥がれました。

これをもう片方にも行い、いよいよイヤーパッドを実装です。

イヤーパッド取り付け

お待ちかねのイヤーパッド交換。

開封の儀

20200918_221630.jpg

はい、かっこいい。

せっかくなのでイヤーパッドの厚みを測ってみました。

20200918_221727.jpg

ちょっと光で見づらいんですけど、約18.2mmでしたね。

念の為、ゴミ箱へポイした元々のイヤーパッドをサルベージして実測

20200918_221908.jpg

約16mmの厚みでした。
経年でだいぶ潰れてペラペラになっているので、元々はもっと厚かったはず。

誰かMDR-CD900STの純正イヤーパッド「2-115-695-01/02」の厚みをご存知の方教えて下さい。
一応ネットで調べると20mmらしいです。

どちらにせよYAXI STPAD-DX-LRはもっとゴリゴリ分厚いのかと思ってたら、純正とさほど変わらないんですね。

分厚いと密閉度が増し、ドライバーユニットと耳の距離が離れるので、その分だけローが増すわけですが、測ってみて意外と話に聞いていたより音の変化はないのではなかろうかと胸を撫で下ろしました。
(気にしてたんかい)

さて、前情報はさておき取り付け。

20200918_222419.jpg

なんてことはなく、外したときの逆工程を踏むだけ。

溝にビラビラを差し込んでいきます。

これを両側で行い完成です。

20200918_222604.jpg

早速使ってみた感想


聴き慣れてる音楽を聴いた結果…


‥‥‥


めちゃくちゃ違う!!!!!!!!



その変化はモニターヘッドフォンとしてアウトなんじゃないか??!!

と、お思いのそこのアナタ。

文字だけ読んだらそうでしょうそうでしょう。



いや、そもそも論アホみたいな話なんだけど

ここ最近MDR-CD900STの定位変だなぁ〜、スネアが若干左に聴こえるYO!
とか思ってたわけです。

ところがどっこいあら不思議

イヤーパッド変えたら定位が正しい位置で聴こえるではないか!!

どうやら、イヤーパッドの摩耗により耳との距離による音量に誤差が生じて定位がズレていたらしい。


しかもゴチャついて聴こえていたハイが分離して聴き取れるではないか!!

それも耳とドライバーユニットがべったりくっついてたせいですねぇ。


つまりね


‥‥‥


やべぇ状態のMDR-CD900ST使っていたってこと\(^o^)/

それが確認出来ました\(^o^)/

純正新品のイヤーパッドと比較しての音質差はもしかしたらあるのかもしれませんが、少なくともボロボロのイヤーパッド使ってる人は変えたほうがいい。

あと聞いていたほどローが増した実感はないですね。
どっちかっていうと、ボヤけてたローが締まった印象。

ただ、それもボロボロイヤーパッドとの比較なので、そりゃ全てにおいてアップグレードされたように聴こえちゃうよなぁ、って感じ。


ってことで個人的大満足。


見た目かっこいいし(結局
posted by mugeek at 15:04 | Comment(0) | メンテナンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク